アコーディアゴルフについて
2011.11.21 Monday 08:42
 私は、セントラルゴルフのメンバーです。メンバーと言っても
私が加入した当時の会員権の10分の一以下で5万円ほど
になってしまいました。
趣味のゴルフために毎週のように茨城のセントラルゴルフに
行きます。

昨年来フロントにスタッフに言っても改善されないことが
今年も先日ありました。マネージャーには話しましたが
マネージャーの責任と言うより、会社全体の問題です。
その件をこちらに記載します。
アコーディアの社員の方が見て、会社の方針を再考してもらい
たいと思います。

私とゴルフ場のメンバーは週に1回、もしくは1月に3回以上
プレーをしますので予約は3か月前の最初の週の土曜日に
直接セントラルゴルフのフロントのスタッフにお願いします。
11月の予約は8月の第1週にします。その時の予約方法は
「朝1番のスタートで、東と西コースのアウトスタートで予約
頼みます。」

その当日の帰り際か翌週の土曜日に必ず確認します。
「朝1番の予約取れましたか?」
すると場合によっては
「アウトの一番が予約済みなのでインスタートで予約
しました。」
私達のほかにも、メンバー同士で朝一番を取られる方が
おりますのでその場合は、早い者勝ちになりますので致し
方ありません。諦めます。

しかしながら、ほとんどはこちらの希望どおり予約が取れます。
「北島様、朝一番の予約でOUTスタートで予約取れました。」

しかし、昨日は雨の中スタートしてみると。2打目地点に
前にプレーしている人がいます。
私達のプレーするスピードは遅くても1時間45分前後
早い時は1時間30分ぐらいでハーフを回りますので
早い方だと思いますが、
それは毎週のように同じコースに行きますので
どの辺にボールが行ったか?などが容易に予想が付き
あのあたりはOBだから探しても無駄だから、諦めて
すぐに打ち直すなどのことができるからです。
昨日の場合の前の組の人たちは若干スロープレー気味でした。
しかし、それは致し方ないと思います。

私達が、不快に思うのは3月前に予約した時点で、このような
事態を避けるために、朝の一番スタートだったはずが、2番の
スターとなっていて雨の中、毎ホール待たされることが
続いたことです。

実は昨年も数回このようなことがあり、フロントに予約の
確認とこのようなことがないように是正をスタッフに
お願いしてきました。しかしながら、また今回のような
ことがおきました。

私にとってゴルフのメンバーシップゴルフ場における
メンバーの権利は優先的プレー権と安価なプレー費だと
思います。
しかしながら、アコーディアの場合、優先的プレー権は余り
保証されない様でメンバーは年間の48000円弱の
年会費、週に換算すると1000円の徴収されますが、
予約はメンバー枠などもなく一般のビジター
と同じでインターネットベースの予約になります。

アコーディアゴルフはメンバーよりプレー料金をたくさん
支払うビジターを歓迎、優先してるなどとの声もメンバー間
では聞かれます。

経済の原則で収益を上げることは、どの企業も目指す
ところだと思いますし、その点は理解できるところです。
私は、マネージャーに再度このようなことが
ないようにお願いしましたが、昨年からの経緯を考えますと
一人のマネージャーの権限ではどうにもならない問題で
アコーディアゴルフ全体の考えたを是正していただく
必要あると思います。

マネージャーとの話で
私、「前の組は古参のメンバーさんなどで無理を言って予約を
とったの?」と聞きました。
マネージャー、「ネットからの予約で、一般のビジターです。」
私、「いつ予約したの?」
M、「予約はネットから10月19日です。」
私、「私達の予約は8月第1週だよね!」
「予約は早い者勝ちだよね?」
M、「はい、そのとおりです。」
私、「どうしてメンバーより後から予約したビジターが優先されて
朝一番でプレーできるの?」
「メンバーであるとかなしだけでなく早い者勝ちで、予約できるのが
常識ですよね?」
と問いただしましたところ、
M、「その通りです」
と回答をいただきました。

ではどうして、現場では常識のお客様との約束が守られないの
でしょうか?
予想することはできます。
朝のスタート時間の枠が本社の意向で広がったのでしょう。
そして、ネットに予約可能
6:58
7:04
と記載したのだと思います。

これではメンバーを軽視してビジター重視と会員権相場から
このような低い評価しかいただけなくなったことも理解できます。

私は、メンバーの既得権もさることながら、上場企業たる
アコーディアゴルフが収益のためには、何をしても良い
お客さんとの約束を平気で破って利益のためならしょうがない
としないで
社のTOP、会社全体がお客様との約束を破るようなことは、
厳に謹む会社になってもらいたいと思います。

ゴルフファーにはアコディアゴルフの体質について
批判も聞いている人も多いと思いますが、
ここで再度、問題を提起して
体質改善を行っていただきたいと思います。

フロントのスタッフが「朝一番で予約できました。」という
当たりまえのことを守れるような体質の会社になって
もらいたいと思います。


| Mr Moto Motohiro    | MY GOLF | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Latest Entry
Archive
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Mobile
qrcode
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
無料ブログ作成サービス JUGEM