■ これから英会話を始めるお子様をお持ちのご両親様へ
2012.06.20 Wednesday 11:26
 ■ これから英会話を始めるお子様のご両親様と英会話を始めようか考えている
 方たちへ

お母様、お子様の英会話の勉強を始める前にまず、ご自身の英語に対する経験を思い
出してみてください。どのような経験をして、どんな印象をお持ちですか?

・外国語が話せたらスマートでいいな!

・単語が覚えるのは大変だった。

・文法問題は例外多くて難しかった。

・たくさんの事を暗記したけど使うチャンスはあった?

 なかった?

・今まで外国人と話したことない!?

もし、ご両親様でこのような印象をお持ちでしたら、ご自分のお子様が英語ができる
ようになって欲しいが、もしかすると途中で挫折してしまうかもしれないと思い
ませんか?
私の場合は、中学生になって始めた暗記の多い科目のひとつとして
英語に出会いました。もし私がオンライン英会話に出会わなければ、暗記ばかりの
学問で終わったかもしれません。



私とオンライン英会話とのかかわりを少し記載したいと思います。
私は家族で2000年にハワイのカパルアに行き、10日ほどコンドミニアムを
借りて楽しむことにしましたが、残念ことに日本語担当のスタッフが休暇中で
いくら電話で話してもまったく通じずそのつど車でレセプションセンターに
行かなければなりませんでした。ゴルフもアメリカ人のドクターや色々な人と
プレーしましたが「英語が話せたらもっと色々楽しめるのになー」と思いました。
そして、帰国後NHKの徹底トレーニング英会話を受講してCDも購入して、
会社への行き帰りに繰り返し聞いておりました。しかしながら、何10回聞いても
耳に入ってこない音があり、自分の耳にはこの音を聞き取る能力、
英語に関する才能が無いのかも!と思い諦めかけながらも、都内ございます
EnglishV〇〇〇のような1回のマンツーマンで30分の授業が2100円
というその頃では安価の英会話学校にも通いました。お金に困っていなかったとはいえ、
無駄にお金は使いたくないものです。週2回で月に17000円くらい支払い、
通ってみましたが余り上達しているとは実感できませんでした。
その後、English C〇〇というフィリピンと日本人のマンtoマンではなく
一人の先生にグループレッスンものにも参加しましたが、初心者の私にはほとんど
発言をする機会が無く、ただ上手に話す他の生徒を見て自己嫌悪に陥りましたので、
2月くらいで辞めてしまいました。その後、今の形のオンラインスクールに出会い、
そこでよい先生に出会うことができました。
私が、英会話をはじめた時は2つのことを心に決めて始めました。

・「決して単語を覚えようとしない!」

・「文法も学校で時間をかけて学んできたので、学び
 
  直す必要はない!」

 それは、

・「趣味で始めるのにそんなことを始めたらすぐに
   
 

  嫌になり、継続できるわけがないから!」

・「趣味で始めるのに挫折したくない。」

 と思っていましたから。。。!
そして、最初の1年間は誓ったとおり一切知らない単語の復習しませんでしたし、
文法の本も開きませんでした。それでも、今に比べ、思い直すと最初の1年から
1年半の間は、かなりつらかった(面白くなかった)様な気がします。それは、

「まったく何を言っているのか判らない!!」

「言いたいことが話せない!」

「知らない単語が多すぎる」

「先生が心のそこで笑ってるんじゃないか?!」

そのスクールは、チケット制で前日までにキャンセルすることは可能でしたが、当日の
キャンセルは100%受講料を償却してしまいます。それでも、レッスン直前なると
言葉にできない恐怖感からスカイプを付けることができない時が何回もありました。
実際先生が何か質問をしているようなのですが、質問の意味がわからず、先生に
質問の意味を聞きなおすと、その回答の中に判らない単語がある場合が最初は
多くあります。
そうしますと説明の中の単語から調べて、その中の多くの意味をパズルのように
当てはめてていくのですが、

最終的に文章全体の意味はやっぱり???

やっと質問の意味がわかっても、今度は回答を

どうやって話したらいいか判りませんでした。

しかしながら、そんな調子でも、人とコミュニケーションをとることが
好きな私にとってオンライン英会話は、学生時代や受験で一人で学んで
きた味気ない英語の暗記に比べれば楽しく感じました。おぼろげながらも考えや情報を
交換できる嬉しさがありました。

私が、オンラインで英会話を初めて、2012年6月で4年になりますが
今では友達から

「英会話ってどうなの?」 「楽しいよ!」

「すこしは話せるのか?」 「話せるよ!」

初めて会う人に

「趣味は何ですか?」と聞かれたら

「英会話!」と答えています。

 趣味と言えるくらい楽しいのです。

私にとって外国の人とコミニュケーションを取ること、異文化に触れることは
とても楽しと感じます。

注:まだまだ発展途上でCNNなどをすべて聞き取るまでにはいきませんが

はじめはかなり辛かったのですが、自分に合う良い先生に 出会えたことで、
私のひどい英語でも 嫌な顔もせず笑顔で接してもらえたことで継続することが
できました。
継続できたから、「もっと話したい、もっと聞き取りたい!!」との
欲求が自然に出てきて、私にとってはつまらない単語の暗記などの勉強も始めました。

私にとっては、オンライン英会話で先生たちと話す

ことが楽しいので、

今では単語の本のページを細かく
切って持ち歩いて、時間あれば単語を暗記したり、文法のテキストをやり直したり、
NHKのラジオ英会話やリスニング攻略を聞いて、
「いつか、先生たちにびっくりするほど上達している姿を見せてやろう!」とか
寝る前に文法の勉強しながら「今度は、この難しい言い回しで話してみよう!」
「僕の気持ちを的確に表すこの単語を次回使ってやろう!」 などと
思い浮かべながら勉強しています。
たぶん日本で一番英語を勉強している不動産会社の社長かもしれません。


我が家では、娘にオンライン英会話以外は英語の勉強をさせていませんが、また、
受講中は母親がついていますが、イライラした感じで「こうでしょ!」というのを
聞いたときは、「楽しまなくちゃだめだよ!!そんな怒った声では子供は恐怖感を
覚えて、上手に話せなきゃだめなんだと思って楽しめなくなるよ!」と
アドバイスします。 私は、他の同じ年齢の生徒様の中にはもっともっと
話せるお子様がいることも聞いております。
お母様の中には他のお子様と比べて、「あの子はもっとできるわよ!」
「もっと頑張らないと、負けてしまうわよ」などと他のお子様と比べることから、
ご自分のお子様の能力を判断する傾向にあるようですが、社会に出たら
1、2才の年長どころか10も15も年長の人間とビジネスで競うこともあります。
また、逆に10才も下の人間に、「彼には敵わないな。」と思うこともあります。
大切なのは同学年の人より1、2年早く英検を通ることではなく、社会に出ても
使える、本物の実力を身に着けるているか?いないか?ではないでしょうか。
そして実力、実行力とは?
色々な状況で前向きな対処できる心構えを持てるか?持てないか?です。
心構えが最初で、次に能力だと思います。そして健康です。
能力があるのに心が負けている人間は多いような気がします。
心構えがあって能力のない人間は少ないようです。それは心構えがあれば
失敗は失敗でなく勉強の過程ですから!
確か本田宗一郎の言葉だったような気がしますが、
「10回できる技術ならすぐに他社も真似できるが100回失敗したら本田しか
 できないことだ、誰も追いついてこないぞ!」
というようなことを話していたような気がします。
99回失敗したことが無駄ではないこれは、これはいよいよ最高のチャンス
に近づいてきた思えたそうです。
「心、技、体」といいますが、
お子様にとって大切なことは自分自身で勉強でがんばる自分を見つけること、

「自分はできるんだ!」と

がんばれる心に気づくことだと思います。

また、お子様がお母様にとってどれほど大切なものか、何物にも代えがたいもの
だということをできるだけ多くの機会で伝えください。
近頃は自分がどれだけ多くの人に助けられ、愛されて育てられたかを知らず
自分の価値をテストの点数や収入でしか判断できな人間も多くなり、感謝を持って
お母さんを楽させてあげたいと感謝を持ちつづけ、いつかお母さんの愛情に
報いたいとがんばっている日本人も減りつつあるように感じます。

お母様にお願いです。最初のうちだけでもお母様もクラスに参加して、

四苦八苦し、冷汗をかきながらも英会話にトライして

みてください。

子供は親の背中を見て育ちます。我が家では、私が4年渡り夕食後に先生たちと
時には四苦八苦しながらも、楽しそうにコミニケーションを
とっている姿を見てるので、子供も嫌がらずに続けているのだと思います。
(親子共々あきっぽい性格です。)
お子様ができないことで怒ったり、無理やり受講させない様にお願いいたします。

最初は、大変です。間違いなく大変です。

しかし急がず、

恥ずかしがらず、諦めず、他人と比べないで

歩き続けてください。

自分なりのリズムを身につけて歩き続ければ、
少しづつですが楽しさが湧いてきます。そうなれば
英語を学ぶことが「ランニングハイ」のように走っていてもつらくなく、

むしろ
爽快な感じが感じられる日が必ず

やってきます!!

そして一度、そこまでたどり着ければ後は

高原を歩むように、周りの景色を見渡し楽

しみながらさらなる高みも目指せるでしょう。

語学習得は簡単に出来るものでありません。たとえどんなに効率良く
学んでも、

また、一所懸命にやっても決して1年や2年で取得

できないものなのです。

最低でも3年以上はかかります。勉強の度合い

によってはもっとかかるかもしれません。

今までは、日本人は機会がないこともあり実際に外国人と話すこともなく、
過去のテキスト中心の英語学習の経験から、唯のつらいだけの学問と
思い込み、短時間で、効率よく成果がでるというCDの購入などの方法に、
多くの人々が大金を投資してきました。その結果に満足できず挫折していく
人が多くいたのが今までの日本の英語学習の現状です。
短時間と効率良くは耳に良いですが、語学学習の中では諦めてください。

しかし、オンライン英会話は1時間前に予約して

都合が悪ければ1時間前にはキャンセルすること

できます。

雨の日も雪の日も外出することなく自宅から

外国人とコミニュケーションを取ることが出来ます。

机上の本の勉強やCDを聞く勉強に比べたら
格段に楽しいものです。
目の前で答えてくれ、励ましてくれる人がいるからです。

楽しいから継続できます。

継続していればもっと、もっと話したくなります。

最後に、英語を学ぶ姿勢について次の言葉を記載したいと
思います。


「ゆっくり行く者が、一番遠くまで行く」

先生たちから「なかなか進歩しないわねー!」
と言われおりますもので!?
我が道をハミングしながら歩んでいます。

| Mr Moto Motohiro    | 英会話とiTalk English School | comments(1) | - | pookmark |
Comment
2012/06/22 9:42 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Latest Entry
Archive
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Mobile
qrcode
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
無料ブログ作成サービス JUGEM